見た目も効率もアップ!賢い人がやっている書類整理のコツ

>

どうして整頓できないの?タイプ別に分けて紹介

まずは処分しやすい備品から!

出社して客観的に自分のデスクを見た時、アナタはどうおもいますか?「キレイで整然としている。」であるのがベストですが、「ごちゃごちゃして汚い。」と思う方もいるでしょう。
整理整頓をする際、一番初めに行うのは処分出来るものを見つける事です。デスクという限られたスペースで、整理整頓をするのは、不用品を処分し本当に必要な物だけを置くのが重要です。
置きっぱなしにしている備品は、元に戻し引き出しやロッカーに入っている細々としたものは処分する、あるいは共有スペースを設けて一まとめにすると良いですね。
整頓の基本は狭い、または小さなスペースから順番に片づけていく事で、混乱せずに整頓ができます。仕事の合間や休憩時間にも出来るので、日頃から取り入れるのも良いですね。

指示を仰ぎながら処分

いくら整理整頓がしたいからといっても勝手に書類を処分したり、別の場所に移動したりして良い訳はありません。自分で判断できないと感じたら、上長へ指示を仰ぎながら整頓していきましょう。
期限付きの書類や古くなった書類に関しては、専用のファイルを作成しファイリングする、いつ必要になるのかわからない書類はクリアファイルなどにカテゴリ分けをして専用ボックスに入れる、これだけでもずいぶん違います。
書類を処分する場合は企業によって定められている方法や、社外秘や個人情報が盛り込まれている場合は、溶解処理をしなければならないケースもありますのでゴミ箱へ入れるのは控えて下さい。専用ボックスや場所を変える場合は、独断ではなく指示を仰ぎ、しっかりと情報共有するとスムーズです。


TOPへ戻る